小野住建について

会社概要

社名
小野住建
小野建築設計事務所
住所
青森県 平川市猿賀下野34-2
電話番号
090-5835-7825 (担当:小野)※移動や打合せ中の場合、折り返しお電話します。
FAX番号
0172-57-5011
ホームページ
https://onozyu-ken.com/

大工紹介

大工 古川さん

1951年生まれです。高校時代に、姉の旦那さんが大工をやっていて、アルバイトで現場に入ったらとにかく大工仕事が面白くてすぐ大工の道に入りました。以来36年以上、ずっと大工一筋です。

いろんな住宅会社にお世話になりましたが、小野住建の現場が一番長く2021年で18年になります。小野住建の現場は、他の工務店と違って気密施工がありました。他の会社でも気密施工は一応やっていますが、徹底していない会社が多かった。小野社長がしっかり新住協で勉強し、大工が実践しているのでしっかりした気密性能が確保できます。

小野社長は大工出身なので、丁寧にしっかりした家を建てるという部分で共感しあえるのが良い。だから長く勤められた気がします。

家づくりは面白い。手間がかかる部分がむしろ面白いし勉強になります。リフォームは新築以上に難しく、挑戦し甲斐があります。お客様がいて初めて家を建てられるので、ありがたいと思っています。

和室、座敷の造作もやります。今の大工はかんなをほとんど使いませんが、私は現場でも、小口を光らせ、切れ味良い加工をしたいのでかんなも持ち歩きます。

小野住建の大工は手を抜きません。自信をもって仕事をしています。手の抜き方が逆にわからないのかもしれません。今後もずっと仕事をやっていきたいと思っています。

大工 小野さん

1952年、金屋(現在の平川市内)生まれで、小野社長とは尾上小学校の同級生です。親戚や親父の友人も大工で、手伝いに来て屋根の板に釘を打ったりしているうちに、こうやって家ってできるんだなと興味を持って大工の道に入りました。働かないと飯は食えませんし、仕事を覚えさえすれば続けられるので性にあっていたのだと思います。

以前はほかの住宅会社で働いていたこともあるので、小野住建で働き始めて断熱気密をしっかりやっているのには驚きました。他社の10年先を行っていると感じました。私も最初は気密施工に苦労しましたが、今はもう当たり前になりました。

小野住建に入った当初は、社長と二人で大工をやっていました。社長は従業員を大事にするし、人柄も良いから大工が少しずつ集まってきました。

墨付けもできるし新築リフォームもどちらも数えきれないほど経験してきました。階段はほぼ私に任せてもらっています。大工仕事は好きだし、お客さんにも喜んでもらえるのが嬉しいですね。

小野住建で長く働けたのは、絶えず仕事があるというのが一番です。大工は現場がないと働けないので。他の会社の大工が働いていない不況の時でも仕事があります。今は若手の大工も入ってきて、物覚えも体力もあるので会社全体の施工力がアップしました。

日頃気を付けているのは現場では周囲に残材などを置かないこと。ケガが怖いからです。整理整頓はきちんとしてから帰る。木くず紙屑全部拾って掃除して帰る。次の朝現場に来た時に綺麗な方が気持ちも良いですね。

大工 林さん

1985年、青森市生まれです。高校の時両親が実家を建てた会社が小野住建で、もともと身体を動かす仕事が良いなと思っていたので、高校を卒業してすぐ大工の道に入りました。

大工歴は2021年で18年になります。小野住建は、家づくりの新しい技術を積極的に取り入れます。先輩たちが優しいのも続けられた要因かもしれません。リフォームは既存の建物に合わせる点が難しさ。日頃はケガに注意しています。古川さんなど先輩たちにいろいろ教わってきました。何でもできるようになりたい。和室など、まだ経験のない工事もあるので覚えていきたいと思っています。

趣味は釣りです。友人、先輩が船を持っていて乗せてもらってマグロなどを狙っています。

大工 一戸さん

田舎館村出身です。以前、塗装工事の会社で友人が働いていて、忙しい時にバイトやらないかと誘われたのがきっかけで小野住建の現場に入りました。

それから6年、大工として働いています。ものづくりは何でも大好きで、楽しい。わからないことがあれば先輩たちが何でも教えてくれるのが続けられる一番の理由です。先輩たちの仕事は綺麗だし丁寧で早い。そして収まりは同じでも作業の段取りはそれぞれ違ったりもします。それぞれのノウハウがあります。

私としては、小野住建の高断熱高気密住宅の施工方法しか逆に知りません。最初から、最高レベルの技術を学んで実践できるのはラッキーだと思います。

私自身の大工としての力量はまだまだです。階段などやってないこといっぱいあります。新築の仕事が途切れることなく常にあるのが一番ありがたい。社長ともよく喋ります。社長は基本は優しいですが、大工として、曲げない部分は厳しさもあります。

古い住宅の現場に入ると断熱材が全く入っていなかったり、施工自体が昔のやり方だったり、いろいろ驚きます。手を抜いたのか?と思うような現場にも遭遇します。

私自身は一度教わったことは忘れないことを心がけています。そして前日に次の日の段取りを思い浮かべ、シミュレーションしておけば当日しっかり動けます。事前に考えておくことで無駄な動きを減らせるんです。今後の目標は丁寧に早く、チームワークよく仕事ができる大工になることです。

大工 高橋さん

1994年生まれ。黒石出身です。建築関係の仕事に興味があって、弘前の技専(青森県立弘前高等技術専門校)に入り2年、大工道具の使い方から実技の基礎、設計の基礎などを習いました。

インターンシップは弘前の住宅会社でしたが、当初は東京でツーバイフォーで家を建てる会社の大工になりました。でもツーバイは大工らしい仕事だとは思えなくて柱梁のある在来工法の方が大工としては面白いと思って、地元に戻ったんです。

母が小野住建の大工さんたちは良い大工さんたちだって知っていて、それを聞いて小野住建に入社しました。

以来小野住建で6年ほど働いています。身体を動かすのは好きだし、先輩たちも優しい。施工できっちり計算通り、正確に収まる瞬間が嬉しいです。技術を磨いて早く一人前になりたいと思っています。