高断熱高気密住宅専門の小野住建

仕事のこと

北海道の高断熱高気密技術を基本にした住まいづくりをしています
メッセージ

私たちのこと

初めまして

小野住建 代表 小野照文と申します。

ベタな紹介文です。最後までどうぞ宜しくお願いします。

 

小野住建は地域密着30年程の小さな工務店です。

小さな 本棚から200ミリ高断熱住宅のご依頼まで、

お客様にご協力していただきながら、

マイペースな仕事の歴史でもあります。

 

初めて高気密高断熱住宅に出会った時のことを覚えています。

約20年前、一般社団法人 新木造技術研究協議会が主催する北海道研修のことです。

冬でも室内は春のような暖かさと例えれば良いのでしょうか。

ほわっとした柔らかい暖かさなのです。

それからは、毎年数回は北海道、東北、関東方面で勉強させて頂きました。

気がつけば約20年間、高気密高断熱住宅を手がけていました。

雪国である⻘森で家づくりを行うため、当社にとって、その技術は至極当然です。

巷の工務店やハウスメーカーが手掛ける高気密高断熱住宅が台頭していますが、

果たして、経験と理論が両輪となった高気密高断熱住宅になっているか?

地場工務店として、ただただ心配です。

 

昨今は新しいカタチの小野住建を目指して、

家づくりの「原点」に 立ち返ることを決めています。

耐震性能に配慮した心地よい住まいを 提案するため、

建築設計事務所を始めた息子と共に家づくりを行い ます。

どうぞよろしくお願いします。

   

こんにちは。

主に建築デザイン設計を担当している小野裕之と申します。

小野住建のお手伝いして間もないのですが、どうぞ宜しくお願いします。

 

会社案内ページですので、

格好良い背景と衣装を着た私の写真が

通例として掲載されます。

しかし実際は作業着で現場と設計作業の往復、

時には床下に潜り、

屋根に登り、

時々勉強会出張など、

多忙の日々を走り回っています。

それで本来の仕事から乖離しない写真を選びました。

 

私の自己紹介として、

「息子が建築設計を志して父の会社を手伝う」

と書けば親孝行に思われますが、

実際のところ、そうではありません。

 

地元の高校を卒業後、関東の大学に進学しました。

勉強を進めますが、向いていない分野でした。

挫折です。

どうしようかな…と悩み、

このまま居ても仕方がないので、退学を決意しました。

父には申し訳ない事をしてしまったと思いました。

そういう思いもあり、父の力になれることを考えて実行しました。

 建築設計とデザインを学べる環境を整えるべく、

京都の専門学校と大学を併修しました。

その後、京都の建築設計事務所と青森の建築設計事務所に勤めてました。

 

時間が経つのは早いものです。

気が付けば、よい年齢です。

経験して学び修得した設計・デザインを生かして、

この地域に貢献します。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

尾上町、私、小野住建

小野住建は地域密着した小さな工務店です。

施工範囲は平川市を中心にして周囲の市町村です。

その中で、尾上町の皆さまから頂くことが多いです。

 

その尾上町は私が育った故郷でもあります。

平成18年に、尾上町、平賀町、碇ヶ関村と合併して平川市になりました。

私の故郷は、緑豊かな自然溢れる環境です。

田舎の原風景と例えればよいでしょうか。

岩木山、八甲田山脈、阿闍羅山を背景に、

水田と林檎の果樹園が広がっています。

造園業も盛んであり、生け垣や庭園など生活の中に緑が多く、

全国でもめずらしい「ふるさと尾上町の生け垣を守り育てる条例」を制定して、

緑の保存に力を入れています。

国指定名勝「盛美園」、大石武学流「清藤氏書院庭園」、

県重宝指定「猿賀神社」、国登録有形文化財蔵並み通りなど、

芸術文化保存も力を入れています。

自然と芸術が融合した町、それが尾上町の本質です。

それは、

この町で生まれ育った私と、

小野住建を物語ることでもあります。 

 

1