高断熱高気密住宅専門の小野住建

仕事のこと

北海道の高断熱高気密技術を基本にした住まいづくりをしています
住まいの性能

スペック/基本仕様について基本姿勢

小野住建の「スペック/基本仕様」の考え方をご紹介します。

◯見た目と質感が良いこと

◯長く使用できるシンプルな材料であること

◯高気密高断熱住宅であること

これら3つの基準に性能とコストのバランスを考えて、スペック/基本仕様が決まります。

 

初期費用(イニシャルコスト)が安い物でなく、

維持修繕費(ランニングコスト)面で優れている物を選んでいます。

さまざまな製品がある為、見た目と質感が良いものを基本仕様としています。

内装材、外装材は長く使用できる耐久性が高く、

なるべくは時代の流行に左右されないシンプルなものにしています。

青森という雪国で住むことは、冬の生活に備えなければなりません。

高気密高断熱住宅になるように、高気密用の気密部材・保温性能に優れた高性能断熱材を使用しています。

しかし、これらの優れた製品を使用すれば優れた高気密高断熱住宅になりません。

暖かい空気を逃がしにくい高気密技術と高性能断熱材の性能を引き出す断熱技術が伴う必要があります。

小野住建では、新住協(社団法人 新木造住宅技術研究協議会)で開催する研修会に毎年参加しています。

そこで得られた知見による高気密高断熱住宅を基本仕様にしています。