高断熱高気密住宅専門の小野住建

仕事のこと

北海道の高断熱高気密技術を基本にした住まいづくりをしています
メッセージ

私たちのこと

初めまして

小野住建 代表 小野照文と申します。

ベタな紹介文です。最後までどうぞ宜しくお願いします。

 

小野住建は地域密着30年程の小さな工務店です。

小さな 本棚から200ミリ高断熱住宅のご依頼まで、

お客様にご協力していただきながら、

マイペースな仕事の歴史でもあります。

 

初めて高気密高断熱住宅に出会った時のことを覚えています。

約20年前、一般社団法人 新木造技術研究協議会が主催する北海道研修のことです。

冬でも室内は春のような暖かさと例えれば良いのでしょうか。

ほわっとした柔らかい暖かさなのです。

それからは、毎年数回は北海道、東北、関東方面で勉強させて頂きました。

気がつけば約20年間、高気密高断熱住宅を手がけていました。

雪国である⻘森で家づくりを行うため、当社にとって、その技術は至極当然です。

巷の工務店やハウスメーカーが手掛ける高気密高断熱住宅が台頭していますが、

果たして、経験と理論が両輪となった高気密高断熱住宅になっているか?

地場工務店として、ただただ心配です。

 

昨今は新しいカタチの小野住建を目指して、

家づくりの「原点」に 立ち返ることを決めています。

耐震性能に配慮した心地よい住まいを 提案するため、

建築設計事務所を始めた息子と共に家づくりを行い ます。

どうぞよろしくお願いします。