高断熱高気密住宅専門の小野住建

日々のこと

北海道の高断熱高気密技術を基本にした住まいづくりをしています

快適な冷房・不快な冷房

2020 / 08 / 23  10:00
快適な冷房・不快な冷房

エアコンの風が直接人間に当たると次第に不快になり、

頭痛・肩こり・腰痛・冷え性のような症状「冷房病」を引き起こします。

暑い、涼しい環境の変化に体がついていけず、自律神経の失調をきたすといわれています。

全室冷房で人間に直接当たらない、穏やかな涼しい室内をつくれば、冷房病になりにくい環境になります。

各部屋にエアコンを設ける方法がありますが、メリットデメリットもあります。

すぐに冷えますが、設備費やメンテナンス費が設置台数分になります。

各部屋に通じる廊下や吹抜けに設ける方法もあります。

この場合、開放的な間取りやドア上に欄間を設けて、空気の移動を促すようにします。

夏場は常時運転して各部屋の温度を下げます。

暑くなった家全体を冷やすための時間はかかります。

しかし一度冷えれば、保冷状態を維持するだけになり調整し易い環境になります。

設置台数が減りますので、設備費やメンテナンス費も削減します。

 

壁に設置したエアコンだけではなく、

床下送風、・窓付近の床にガラリ(空気を循環させる穴)を

追加で設けることで床表面温度が低くなり、空気の流れをあまり感じなくすみます。