高断熱高気密住宅専門の小野住建

日々のこと

北海道の高断熱高気密技術を基本にした住まいづくりをしています

家の中の通風

2020 / 08 / 10  10:00
家の中の通風

窓を付けるだけでは必ずしも通風は確保できません。

平面的に部屋に2方向の窓を設置しただけでは、風が止まった時に室内の通風はありません。

風のない時でも、上と下に高低差のある窓を設けることにより、室内を風が通り抜けることができます。

例えば、防犯のために1階の窓を閉め切ってしまうと室内に熱がこもり、

特に天井付近は熱がたまりやすい場所です。

欄間(らんま)窓や天窓、防犯上も安心ができるドレーキップ窓、格子窓など

状況に応じて使い分けることが重要です。