高断熱高気密住宅専門の小野住建

日々のこと

北海道の高断熱高気密技術を基本にした住まいづくりをしています

プラン作成で大事なこと①

2018 / 06 / 12  05:00
DSCF9716.jpg

先日は盛岡で構造塾に参加しました。

その講義中に皆さんに知ってほしいことありました。

これです!

直下率!

直下率という言葉を聞いたことがないと思います。

簡単に説明すると、

一階と二階の柱位置と地震力や風圧力に対応する耐力壁が、

バランスよく上下階に配置されたことを示す数値です。

柱の直下率が50%以下になると、地震倒壊など事故率が激増します。

この50%以下の傾向として、1階と2階プラン(間取り)が滅茶苦茶な状態がほとんどです。

具体例として、

1階が広々リビングダイニング、

その上の2階ではトイレ、納戸、4〜6畳程度の細かい部屋をギュッと沢山詰め込んだ状態です。

 

では、どのようにすれば良いプランになるか?

住まい手の要望を忠実に実現するハウスメーカーや工務店という立場、

イエスマンだけではダメです。

次回のブログに続きます!