高断熱高気密住宅専門の小野住建

日々のこと

北海道の高断熱高気密技術を基本にした住まいづくりをしています

暖房エネルギー

2018 / 06 / 05  08:50

前回は総熱損失係数Qa値と熱損失係数Q値を取り上げました。

その続きとして、今回は暖房エネルギーです。

 

ここで問題です。

住宅床面積100㎡、Q値2.4W/㎡K、冬の外気温0℃の条件で、

室内を20℃に暖める場合、どれぐらいの暖房機があれば暖めることができるか?

考えてみましょう!

 

わからない方はそのまま続きを読んでみてください。

考え方はこうです。

広さ100㎡の住宅からは、Q値2.4×100㎡=240W/㎡ の熱が、温度差1℃あたり逃げてます。

言い換えると、温度差が1℃あれば240W/㎡の熱が外に逃げていることです。

ということは、

0℃を10℃暖めると(温度差が10℃)、240×10=2400W、

それが20℃であれば240×20=4800Wです。

4800Whぐらいの暖房機があれば、この住宅の室温20℃を保つことができます。

 

今回は、室内で過ごす人間が出す熱、TVなど家電製品類が出す熱を無視しています。

実際は、それらの熱を考慮すると

一般家庭の家電製品発熱量1時間あたり平均で約350W

人体発熱量1人あたり約60W

さっきの計算結果から、4800-350-60=4390

4390Wh程度の暖房器具が必要になります。

次回は、暖房エネルギーから暖房費を計算します!!