高断熱高気密住宅専門の小野住建

日々のこと

北海道の高断熱高気密技術を基本にした住まいづくりをしています

建築材料の断熱性能③

2018 / 05 / 30  05:00
DSCF9414.jpg

前回の続きですが、熱抵抗値です。

熱抵抗値は、材料の厚さに比例して変わります。

熱抵抗値、厚さ、熱伝導率の関係を式で表すと、これです。

R=d/λ 

熱抵抗値=厚さ/熱伝導率 です。

簡単なイメージにすると、

厚ければ厚い程、熱抵抗値が高くなります。

薄い1ミリ木材と厚み1センチの木材の片面に手をあてて、それぞれの裏面に火を近づけると、どちらが早く熱くなりますか?

厚さがある材料ほど、熱を通しにくいということです。

 

ここに熱伝導率も考慮すると、

木材を金属に置き換えれば、簡単にイメージできると思います。

金属の方が、早く熱くなりますよね。

木材より金属の方が熱伝導率が高い。

同じ厚みならば、熱伝導率が高い材料ほど、熱抵抗値が高くなるということです。

 

住宅において断熱計画をする場合、断熱材のコストと熱抵抗値を考えなければなりません。

例えば、

高価格ですが、材料の熱伝導率が低い材料があります。

問題が、予算上、価格が高い故に厚みを確保できないことがあります。

そのまま住宅を計画した場合、熱抵抗値が低いことにつながります。

材料そのものの熱を通しやすさ(熱伝導率)のみ、考えてはいけません。

材料の厚み(熱抵抗値)とコストを考える必要があります。

 

今日の写真は、グラスウール断熱材です。

メーカーによって色が違います。

色によって性能が変わることはありませんが、

住宅・リフォーム計画中の方は、

カタログなどで熱抵抗値を確認しましょう!