高断熱高気密住宅専門の小野住建

日々のこと

北海道の高断熱高気密技術を基本にした住まいづくりをしています

建築材料の断熱性能①

2018 / 05 / 25  05:00
DSCN1229.jpg

住宅を構成する建築材料は、いろいろあります。

その中で熱を通しにくい材料を「断熱材」と、一般的に呼ばれています。

断熱材という言葉から、熱を通さない材料というイメージを持つ方もいます。

それは誤解で、あくまで「熱を通しにくい」ということです。

「熱を少しだけ通す」と、言い換えられます。

 

熱の通しやすさを表す数値として、「熱伝導率 λ:(W/mk) 」 ※λはラムダと言います

熱の通しにくさを表す数値として、「熱抵抗値 R:( ㎡k/W)」

初めて聞いた方、相談先の工務店やハウスメーカーで聞いた方もいるかと思います。

 

もっと詳しく説明すると、

熱伝導率:材料の両面に1℃の温度差がある場合に厚さ1mの中を、面積1㎡あたり、1秒間に伝わる熱量

熱抵抗値 : 材料の両面に1℃の温度差がある場合に厚さ1mの中を、面積1㎡あたり、1秒間に伝わる熱量の逆数

…すごくわかりにくいですね。

なんのこっちゃって感じです。

 

住宅計画中の方は、こんなに複雑に考えないように!

シンプルでいいんです!

熱伝導率:熱の伝わりやすさを表す値。数値が大きい程、熱が伝わりやすい。

熱抵抗値:熱の伝わりにくさを表す値。数値が大きい程、熱が伝わりにくい。

これだけで大丈夫です。

熱伝導率と熱抵抗値という言葉、日々の生活で全く聞きませんが、

住宅やリフォームの計画を考えている方は、ちょっと覚えておきましょう。

次回のブログで、住宅に使用される代表的な建築材料を詳しく取り上げます。

今日はここまでです。

 

写真はリフォーム現場からです。

断熱材の厚みチェック中です。