高断熱高気密住宅専門の小野住建

日々のこと

北海道の高断熱高気密技術を基本にした住まいづくりをしています

春ですが、、、。

2018 / 05 / 08  03:00
DSCN0713.jpg

暖かい春になってきましたが!!

酷なことです、、、もう一度冬の辛さを思い出しましょう(笑)

冬の寒い日はどのような暮らしでしょうか?

 

帰宅すると、急いでストーブのスイッチを押している。

暖かくなった居間から、寝室、浴室、トイレ、キッチンに移動する際は走るように移動いる。

家中を暖かくするには、暖房費がかかりすぎるため、居間やキッチン、寝室だけを個別に暖めている。

暖房器具は移動できる簡易な電気ストーブや石油ストーブで、まれに換気のため窓を開けている。

窓や壁のそばに居るとヒヤッとした感じがするから、ストーブ前にいる。

床が冷たいから靴下を2枚履きしている。

さて、寝る時はかけ布団と毛布を何枚も重ねて、さらに湯たんぽや電気毛布で温めた布団の中で寝ている。

慌ただしく重装備の暮らし。

青森の寒い冬の暮らしは、昔からこんな感じではないでしょうか?

もしかしたら暖かいはずの春の暮らしも同じ感じでしょうか?

 

家づくりやリフォームを検討されている皆さま。

住宅に断熱と気密の工夫をすることで、冬の暮らしに過ごしやすさが生まれます。

住宅はやすらぐ場所でなければなりません。