高断熱高気密住宅専門の小野住建

日々のこと

北海道の高断熱高気密技術を基本にした住まいづくりをしています

解体工事です。

2018 / 07 / 30  05:53
DSCF0178.jpg

ある現場で解体工事が始まりました。

今日も暑い日です😓

作業中の熱中症や怪我に気をつけて行います!

住宅プランと将来の暮らし

2018 / 07 / 26  08:47

プラン打合せをしていて、

いつも気になることがあります。

例えば子供室です。

2人だから2室を個室にしたいを希望する。

検討してほしいことが、子供達が巣立った後の暮らしです。

この2つの個室はどうなりますか?

物置でしょうか?

ただ空き部屋になるだけでしょうか?

将来の暮らしを考えると、

もしかしたら、

当初考えいた子供室は小さい個室が良かったり、

共有部屋で良かったり…となるかもしれません。

もちろん、大きめの子供室を希望の方はそのままが良いです。

 

ポイントは、

将来の暮らし(生活の変化)を検討した上で、

各室の広さを決めることです。

 

夏のリフォーム工事

2018 / 07 / 24  10:56
DSCF0060.jpg

今日も暑いです。

リフォーム現場はさらに暑く過酷です。

リフォーム工事のため、

新築のようなプレカットした木材でなく、

墨付けを行う細かい作業がメインです。

ここの現場では白アリ被害の柱、土台補強を職人方が対応しています。

熱中症にならないように、定期的に水分補給と休憩をとっています。

今日も1日頑張ります!!

 

気密測定

2018 / 07 / 20  04:41
DSCF9834.jpg

先日、気密測定をしました。

結果はC値が0.2cm2/m2でした。

いつも通り良い結果でした。

証拠です(笑)

 DSCF9835.jpg

ちまたでは高気密高断熱住宅をアピールする住宅会社、工務店、設計事務所がたくさんあります。

住宅を計画中の方に気をつけてほしいことがあります。

実際は、この「高気密高断熱住宅」という言葉には明確な定義がありません。

普通の住宅を作っていても、高気密高断熱住宅を名乗ることが出来ます。

販売受注を増やそうとすれば、「高気密高断熱住宅」とネーミングしますよね。

この高気密高断熱技術を正しく取得するには、時間がかかります。

技術テキストがあれば、明日から高気密高断熱住宅を作れます!とはなりません。

技術書だけでなく、実際の現場を通して気づくことがたくさんあります。

次回は高気密高断熱住宅について取り上げます。

 

 

毎日朝会

2018 / 07 / 19  05:00
DSCF0077.jpg

7月から毎日朝会を開くことにしました。

他の会社でいうと、朝ミーティングや朝礼という位置づけかもしれません。

この朝会の具体的な内容は、小野住建で抱えている職人方向けの基本知識・マナー・技術や、

工事中の現場改善点、最新の注目工務店・技術情報など多岐に渡ります。

私が出張で得られて最新情報も取り上げる予定です。

私が設計事務所に勤めた経験、他の工務店の職人方や関連業者と仕事をした経験、

様々な団体で勉強させて頂いたことから、

職人業界の悪い点として、

必要な情報に接する機会が圧倒的に少ないことを実感しています。

10年前の常識や技術などは、現在では通用しないこともあります。

その為、継続的に成長できる場として朝会を設けることにしました。

このホワイトボードを通して、直近では白アリ対策やリフォームマナーについて取り上げました。

毎日現場で忙しい職人方には、得るべき情報を選定して負担を軽くしています。

毎日実施することで、小野住建がどこまで成長できるか?

楽しみです!

1 2