日々のこと

2018-06-30 07:53:00

前回の続きです。

次の見学先は(株)ジェイホームさんです。

こちらは展示場見学です。

デザイン設計の方の趣味が多彩なため、空間は遊び(趣味など)と実用性が両立しています。

色彩豊かな配色と素材設計も考慮されて素晴らしいです!

十和田、八戸地区で住宅を検討されている方は見学するべきでしょう!

 

実は今回の見学で、十和田市にできた窓メーカーの「日本の窓」さんを見学しました。

木製窓専門メーカーです。窓そのもの性能と品質が高く、オススメです。

小野住建で住宅を検討中の方で木製窓を希望の場合は、ご連絡ください!

 

最後の見学先は、(有)直町建設さんです。

平屋建ての住宅で、ホワイトカラーをベースにしたカワイイ住宅です。

なんと!壁と天井はお客様が漆喰塗りを施工しているそうです。

予定の工期が延びているそうですが、お客様は大満足ですね。

 

今回の見学会の写真を掲載できないため残念です。

総じての感想は、

良い住宅にするには手間を惜しまないことが大事ということでした。

当たり前のことを当たり前に徹底して行うこと。

凡事徹底です。

 

翌日は会場にて会員発表です。

ZEHの取り組み、エネルギーコストシミュレーション、全棟Q1.0ビルダーへの挑戦です!

各会員の考え方と取り組み方を、それぞれ参考事例させて頂きました。

最後は、代表理事 鎌田先生による講演。

Q1住宅について、レベルアップとコストダウンがテーマでした。

当社で行っていたことを見直すきっかけになり、勉強になりました。

2018-06-29 05:00:00

前回の続きです。

バス見学ツアーということで、見学順はこうなりました。

有限会社 松田工務店

株式会社 今泉工務店

株式会社 ジェイホーム

有限会社 直町建設

残念ですが、個人宅のため写真は掲載できません。

 

初めに各見学先担当者による住宅説明を会場で行いました。

QPEX、図面を用いながら説明です。皆さんQ1レベルです。

 

まずは1件目の見学先へ。

(有)松田工務店です。

平屋と2階建てを組合わせた住宅です。

造作棚、階段、階段収納を組み合わせた読書スペースが印象的です。

このアイデアを当社の住宅にも活かそうと思います。

 

2件目は(株)今泉工務店です。

大規模な2世帯住宅です。

造作棚、ウォークインクローゼット、各部屋に容易にアクセスできるプランです。

技術とプランが丁寧な住宅です。

 

それぞれの共通したところが丁寧な仕事です。

仕事柄、いろいろな会社が手掛けた住宅を見学しています。

良い仕事をしている住宅は入った瞬間に伝わってきます。

特に工務店が直接手掛ける住宅は、それが顕著に表れます。

(※お客様が工務店に直接頼む場合です)

細かい納まり、釘の位置、壁の仕上げなど、技術面で品質が高い!

つまり、手間がかかっているものほど綺麗な空間になります。

 

次の見学先は次回ブログにて。

 

 

2018-06-28 05:00:00
DSCF9811.jpg

今日は社団法人 新木造住宅技術研究協議会による第3回東北地区大会に参加です。

1回目は岩手県、2回目は秋田県。

そして3回目は…青森です!!

場所は十和田市。

小野住建は新住協に参加して20年ぐらいになります。

社長(父)の記憶が定かでないので、会社の資料に残っている古い資料が1997年のものでした。

私が14歳の頃からです。その頃は確かに父の出張が多い記憶が残っています。

お土産で喜んでました(笑)

今では私がほぼ代わりで新住協に参加しています。時が立つのが早いものです。

当然、お土産も代わりに買って帰っています!

 

さて話を戻して。

開催地が青森ということで、当然、スタッフに任命されました。

今回は各見学先の案内です。責任者です!緊張です!

気になる見学先はこちらです。

有限会社 直町建設

有限会社 松田工務店

株式会社 今泉工務店

株式会社 ジェイホーム

皆さん、新住協の先輩メンバーです。

詳しいことは次回のブログで!

2018-06-24 19:24:00
DSC_0758.JPG

 

日頃の疲れを癒す為に、

青森県 深浦町にある不老不死温泉に行ってみました。

海中の露天風呂はバイカーのお客様で賑わっています。

内風呂では温湯と熱湯が楽しめます。

泉質は茶色で金気や塩分が多く、

じ~んわり体の芯から温まってきます。

地元の人からは

『なんさでも効く湯』

と言われているようです。

効能は冷え性、関節痛、皮膚病とされています。

入った後は肩こりが軽くなり、

ガサガサの顔やヒザがツルツルにリセットされました。

毎日入れる地元の人がうらやましい!

効能だけでなく、海に沈む夕日の景観も楽しめます。

 

 

 

 

2018-06-23 05:00:00
DSCF9582.jpg

この時期は仕事が増えて忙しいです。

見積をすぐに提示できればよいのでしょうが、そういう訳にはいきません。

現場調査をして、

工事に関わる図面や資料を作成して、

各メーカー・業者さんにその見積依頼をして、

その返答には日数がかかり、

さらにこちらで内容チェックしてやりとりして…。

適正な見積書を作成するには日数が必要です。

お客様に返答するまで待って頂くかたちになります。

すぐに金額の返答をすればよいのでしょうが、

その場合、かなり大雑把な金額の話になります。

こういうことは原則いたしません。

 

新築・リフォーム・メンテナンス工事は、

お店で売っているような価格が決まった市販商品ではありません。

住宅の間取り・大きさが、それぞれ違うように価格もそれぞれ変わります。

すぐに金額提示となるならば、業者側としては損しないことが前提になります。

つまり、適正以上の見積金額を多めに提示するしかありません。

住まい手にとって悪いことです。

 

小野住建では、

お客様、関わる施工者、地域社会にとって円満になる3方良しの精神から、

適正な見積を作成するためにも日数を頂いています。

現場調査、工事内容検討等をした上で、見積金額が決まるものです。

ご理解くださいますよう宜しくお願いします。

 

写真は屋根修繕調査中のものです!

 

1 2 3 4