高断熱高気密住宅専門の小野住建

日々のこと

北海道の高断熱高気密技術を基本にした住まいづくりをしています

部屋の温度が家族の健康

2018 / 04 / 20  16:25

近所の猿賀神社や弘前公園では桜が開花していますね。

暖かい季節ですが、夜になると寒くなりませんか?

夜のみ暖房中のご家庭もありますが、部屋ごとの温度差はありませんか?

お客様と打合せで話題になることが、

リビングに比べて水まわり(洗面所・浴室・トイレ)が寒いことです。

寒いと言っても、かなり寒いのです。

外が寒ければ家も寒い。外が暑ければ家も暑い。

これが当たり前と思い込み、

不快な室温が健康に与える影響を、

ほとんどの方が認識されていないです。

 

健康と住環境で参考にしたい国がイギリス。

イギリス保健省の指針では住宅の室温が決められています。

冬の健康的な室温は21℃。

許容できる室温が18℃。

16℃未満では健康悪化のリスクが高くなります。

呼吸器系疾患、血圧上昇、心臓血管疾患リスク、低体温症リスク…。

日本の住環境を表す統計データがあります。

不慮の事故死亡数をまとめた 厚生労働省 人口動態統計 から、

この20年間で、家庭内事故数が増え続け、一方で交通事故が減少し続けて、

結果、家庭内事故数が上回った状態。

外より家の中が危険ということ。

要因は複数あります。

その中に「家の室温(寒さ・暑さ)」があります。

家の中でヒートショックや熱中症など…。

 

現在健康な方でも家に30年、40年以上の暮らしが続きます。

小さな子ども、パートナーのため、高齢に将来なることも含めて、

家族の健康を維持する家が幸せに繋がりますね。