高断熱高気密住宅専門の小野住建

日々のこと

北海道の高断熱高気密技術を基本にした住まいづくりをしています

冬あったか 夏すずしい 住宅 入門

2018 / 03 / 31  10:12
P1000493.JPG

小野住建では、高気密・高断熱による

『冬暖かく・夏涼しく・光熱費半分の住宅づくり』をしています。

いや待て、

そんな都合のいい話はあるのか…?

新人従業員の私は疑ってなりません。

高断熱住宅?何のこっちゃ分かりません。

が、

知って驚き!

あるんです!

その答えは、当工務店も会員となっている『新木造住宅技術研究協議会』の

Q1(キューワン)住宅でした。

まずは入門として、協会のマンガ付きの冊子から勉強です。

簡単に言うと、

家を建てる際に基礎や屋根、壁の外と内側に

断熱材(熱を逃がさないモコモコの素材)を張り付ける事により、

〝家がダウンジャケットを着ている”ようなものだと表現されています。

住宅そのものの断熱性能が向上すれば、熱が逃げにくい結果になります。

つまりは暖房費を節約につながります。

夏は逆に暑いのでは?と思ってしまうが、

夏は〝魔法ビン”のように

少量のエアコンで、一度冷えた空気を逃がすことなく、

エアコンを止めた後もひんやりが続く仕組みです。

また、熱い日差しから家を守る軒を出せば、さらに良し。

ここでも冷房費を節約ですね。

 

タイトルのような家が実現するには

断熱層と気密層を確保できる施工、

空気の対流をさせる熱交換換気、

(例えば、冬場は換気口で家全体に暖かい空気が漂わせる)

窓や採光、立地、気象条件等を考慮した設計が必要。

肝心要の部分を知ると、家づくりも楽しくなってきます。

それに、家造りで後悔したくないですから!

勉強熱心な親方に続けと、私も勉強していきたいと思います。

協会の冊子を紹介しますので、ご興味がございましたら

こちらをクリックして下さい。

宜しくお願い致します。

P1000495.JPG