高断熱高気密住宅専門の小野住建

日々のこと

北海道の高断熱高気密技術を基本にした住まいづくりをしています

弘前の家 シンプルモダンデザイン

2020 / 10 / 13  17:37
r0263.jpg

9月にいえズーム iezoomに掲載されました。

シンプルモダンな外観です。

もちろん高気密高断熱の住宅です。

今回はお施主様が基本プランを作成しました。

小野住建として、この辺りも柔軟に対応しています。

(※一部の建築会社によっては、お施主様が書いたプランに対応しないところがあります)

 

気になる弘前の家の内観写真は

いえズーム iezoomに掲載されてますので、

ご参考にクリックしてみて下さい。

 

#高性能住宅 #住宅 #家 #インテリア #マイホーム #新築 #注文住宅 #建築 #工務店 #デザイン

#家づくり #一戸建て #住まい #くらし #暮らし #自由設計 #ダイニング #リビング #外観 #施工事例

#interior #house #architecture #design #architect #japanesemodernhouse #lifestyle

#施工 #設計 #青森 #平川市 #弘前市 #田舎館村 #藤崎町 #黒石市 #大鰐町 #西目屋村 #秋田 #大館市

もったいない?断熱・耐震同時改修

2020 / 10 / 10  10:00

外壁が傷んできたし、そろそろ修繕しようかな?とお考えの方…。

コストと時間をかけてせっかく外壁を剥がすなら、断熱・耐震同時改修をおすすめします。

表面的な部分がきれいになっても、冬の寒さ、結露などの問題があっては

この先、長く暮らすにはつらいものです。せっかくリフォームするなら…

断熱材を入れる、または既存の断熱材の性能を高めるために、気流止めの施工をするだけの

小規模改修も効果的です。また、気流止めが必要な個所と、耐震性能のポイントとなる箇所は

ほとんど同じで、一緒に施工してしまうことが可能です。

腐った木材を知らぬふりをしてそのまま仕上げてしまうと、

大地震で建物が倒壊する危険が出てきます。

表面だけの改修工事は、本当にもったいない

 

 

田舎館村の平屋 予約制完成見学会

2020 / 10 / 09  14:21
田舎館村の平屋 完成見学会

田舎館村の平屋 予約制完成見学会を行います。

新築を検討されている方でご興味あればご連絡ください。

対応できる時間に限りがあります。

同業者や他の施工会社で契約等を進めている方はご遠慮頂けますようお願いします。

三内の家 構造見学会開催

2020 / 09 / 26  16:11
三内の家 構造見学会開催
青森市三内の家 予約制 構造見学会を行います。
構造・断熱・防湿・気密施工見学会になりそうです。
見学会で説明するポイントは、工事進行状況でどんどん変わります。
 住まいづくりの設計・施工がテーマになります。
10月は 4日、11日、18日、25日 に日曜日のみ開催します。
午後13:00〜、15:00〜を予定しています。
各時間1組限定です。
午前や平日ご希望の方はご相談ください。
※対応できる日時が少ないため、冷やかしや同業の方はご遠慮ください。
ご興味ある方、ご連絡をお願い致します。
仕様はこちらになります。

耐震等級2 (積雪180cm)  ※許容応力度計算による

認定低炭素住宅

壁内部と外部でダブル断熱、トリプル窓、熱交換換気システム

Q1住宅レベル

 

ご興味ある方はご連絡をお願い致します。

防犯・プライバシー面で画像を一部加工しています。

住宅の換気

2020 / 09 / 20  10:00
住宅の換気

高断熱住宅では、気密性が高く室内で発症する「水蒸気」「二酸化炭素」「ホルムアルデヒド」などを

排出して新鮮な空気を取り入れる必要があります。

効率よく必要な換気を確保するために、一般的に居間や個室などに外部の新鮮な空気を取り入れ、

トイレや浴室から排出するよう計画します。

 

換気方式は、大別すると「自然換気と機械換気」に分けられます。

「自然換気」では住宅に発生する風上から風下による負圧による通風、温度差による空気の上昇などにより

自然と発生する換気のことです。

設備費用がかからない分、省エネですが換気回数や熱回収ができないのが難点です。

 

「機械換気」では3つのタイプがあります。

「第3種換気」は排気のみに送風機を使用するもので、室内は負圧になります。

「第2種換気」は給気のみに送風機を使用し、室内は正圧になります。

「第1種換気」は給気と排気も送風機を使用したものです。

普通に換気をすると暖冷房した空気がどんどん逃げてしまい、エネルギーロスが大きくなる。

この熱を回収して省エネ効果を高めたものが、「熱交換型の第1種の換気」の特徴です。

全熱交換型だと熱に加えて水蒸気を回収するので、室内の過剰乾燥を抑えることができます。

換気を24時間行い、さらに住宅の気密性を高めることで、省エネ効果が高くなります。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...